English Speaking Training

English Speaking Training

ベネッセが提供する中・高生向けのオンライン英会話講座

2020年度から始まる教育改革では、大学入試に英検・GTECなどの4技能検定試験が導入されることが決まっており、新学習指導要領の中で、中学校・高校での英語の授業をオールイングリッシュとすることがあげられています。ベネッセのオンライン英語4技能講座『English Speaking Training』は、海外の外国人講師と直接会話するオールイングリッシュ・レッスンで、4技能の中で日本人が特に苦手とする「聞く」「話す」力を中心とした英語力を伸ばす講座です。ご家庭のタブレットやカメラ機能付きパソコンを使い、自分が受講したい日を予約して受講できる『自宅受講型(Wi-Fi環境が必要です。)』、教室備え付けのタブレットを使い、教室スタッフのサポートを受けながら受講できる『教室受講型(中学生対象)』があるので、部活や習い事で忙しいお子さまや、外国人講師と話すのが不安というお子さまでも、安心して受講することができます。

 


 

《コースの特長》

 

『English Speaking Training(以下EST)』は、学習指導要領とCEFR(※)をかけあわせ、学校で習った語彙・表現を用いて、より実践的な英語コミュニケーション力を養成する、1対1のオンライン英会話講座です。
※CEFR(セファール)とは「外国語の学習・教授・評価のためのヨーロッパ言語共通参照枠」のことで、外国語の熟達度を測る国際基準です。2020年度から導入される英語の4技能評価においても、CEFRの6段階評価が利用されます。

 

①中学・高校の学習指導要領に対応! 高校入試のリスニング対策にも対応!
ESTのプログラムは、中学・高校の学習指導要領とCEFRの基準に沿ったカリキュラム。学校や塾で習った語彙や文法を実際に「話す=使う」ことで無理なく定着させ、理解を深めます。このため、年々難しくなってきている高校入試のリスニング対策としても大きな効果があります。
➁大学入試で活用される英検やGTECなどの4技能検定対策
2020年度からの大学入試制度改革で導入が進められている英語4技能検定試験。英検やGTEC、TOEIC、TOEFLなどが、その候補となっています。ベネッセが運営する英語4技能検定『GTEC』は、学習指導要領にも対応していることもあり、すでに多くの国公私立大学試験での活用実績があり、熊本県内においても、熊高、済々黌、第一、第二、玉名、八代などの公立高校、真和、学園大付属、マリストなどの私立高校が受検(平成30年度)しています。ベネッセが提供するESTは、英検やGTECなどの4技能検定試験の対策としても非常に効果的です。
③ベネッセのライセンスを取得したプロの海外講師陣
ベネッセの研修を受け、ライセンスを取得した外国人講師が1対1で指導するEST。レッスンは、常駐する日本人管理者のもと、専用の海外オフィスから行います。受講後には、学習記録レポートによるフィードバックもあり、コミュニケーション力を伸ばすための的確なアドバイスが受けられます。

 

 

 

コース概要

■指導学年 中1 中2 中3 高1 高2
■指導教科 英語
■指導形式 オンライン講座
■通塾回数 月3回~
■授業時数 40分×受講回数

その他のコース

お電話でのお問合せ TEL.096-360-6111 受付時間 10:00〜18:00
月曜〜土曜

トップに戻る